遺伝子検査とは何か?

肥満を予防する方法として画期的なものが登場しました。それが2014年からサービスが始まった遺伝子検査です。これは病原体遺伝子検査もしくは病原体核酸検査とよばれているものです。これは人に感染症を引き起こすウィルスや細菌などのDNAを特定・解析する検査のことです。遺伝子を調べるというものではなく、特定のウィルスや細菌を調べて感染症になっていないかを見るために行われています。血液検査の場合には日数がかかりますが、この遺伝子検査であれば数時間で結果が出ます。早期発見による早期治療に大変役立ちますので、病院で非常に多く行われており、実施されている遺伝子検査の中で9割を占めます。

肥満遺伝子を知ることで適切なダイエットが可能に!?

肥満の人は遺伝子検査を受けることをおすすめします。自身の肥満遺伝子を知ることで効果的なダイエットをすることができるからです。たとえば、肥満遺伝子に応じた摂取カロリーや栄養バランスを知ることができるので、食生活を適切に見直すことが可能になります。また、糖尿病になりやすいことが判明したら、糖質を抑える食生活をすることで肥満対策ができます。さらに、肥満遺伝子検査で自身の最適なBMI値を知ることもできますので、それに合わせた運動やダイエットができるようにもなります。以前は病院でしか受けられませんでしたが、最近は遺伝子検査キットがネットで販売されているので、それを購入すれば自宅でも検査できます。肥満遺伝子検査自体はとても簡単です。専用の綿棒を使って口の中の粘膜を採取すればいいだけです。これで結果が判明します。

肥満治療とは、肥満を改善するために施される治療のことです。これは、肥満によって何か病的な症状がある場合や、かなり重い肥満で食事療法、運動療法では肥満が改善しない場合などに適用されるものです。