そばかすの特徴と発生原因について

そばかすは表皮に形成されるしみの一種で、微小な粒状のしみが目の下や頬に出来た状態を指します。そばかすは子供の頃に発生することが多く、成人以降の人は病気による色素沈着が生じてもそばかすのような形状にはなりにくい傾向があります。そばかすは痛みや炎症などが生じないので、本人が気づかないうちに発生していることがあります。また、紫外線による肌への強い刺激もそばかすの原因になるので、子供の頃に屋外で遊んだり強い日差しに晒された経験が多い人ほどそばかすが出来やすいのが特徴です。中高年層の人は加齢による新陳代謝の低下で古くなった細胞が排出出来ず、色素が新しい表皮に沈着することでそばかすが出来るケースがあります。

そばかすを消すための治療とスキンケアの詳細

そばかすは一度出来上がると自然に消えることは殆ど無いので、取り除くためには美肌治療などの処置を施す必要があります。そばかすを形成している色素を取り除くのが一般的な治療内容なので、レーザーの照射で色素を分解するのが効果的です。また、治療だけではなく毎日の暮らしの中で肌への刺激を避け、そばかすの発生リスクを減らすのが美肌を保つための工夫になります。紫外線が当たらないように肌の露出を避ける他、保湿クリームなどを使ってスキンケアを行うのが肌トラブル予防に効果的です。

小さい子供は屋外で陽の光を浴びながら遊ぶのが普通というイメージがありますが、そばかすの発生リスクが大きく増えてしまう問題があります。綺麗な肌を保つためには子供の頃から正しいスキンケアを理解することが大切です。

そばかすは、加齢や紫外線などの影響で目立ちやすくなることがあり、症状によってクリニックでの治療だけでなく市販のセルフケア用品を使って対策を立てることもできます。