そもそもニキビはどうしてできるの

ニキビは思春期にできやすいと言われていますが、大人でもニキビはできてしまいます。どちらの場合も毛穴から皮脂が排出しきれず、詰まってしまうことがニキビのできる原因です。皮脂分泌が盛んになる理由には、成長ホルモンの影響やストレスなどがあります。また、毛穴が詰まってしまう原因には、ホルモンの影響や新陳代謝の低下によって肌の表面が硬くなることにより、ターンオーバーがきちんと行われなくなってしまうことが挙げられます。ニキビができやすい場所としては、思春期ニキビではおでこや鼻が多く、大人ニキビでは頬やあごなどのフェイスラインに多くなります。その他にも、首や背中、胸などにできてしまう場合もあります。

ニキビができにくい身体を作ろう

できてしまうと目立つニキビですが、ニキビができないように予防することも大切です。ニキビを予防するには、ホルモンのバランスを整えることが良いでしょう。普段から心がけることとしてはバランスの良い食事を摂ることを意識すること、便秘にならないようにすること、十分な睡眠をとり、ストレスをためないことも必要です。バランスの良い食事では、糖分や脂肪分の過剰摂取を控えて下さい。腸内に有害物質がたまってしまうのもニキビの増殖を促すため、水分をしっかり摂取し、食物繊維の多いものを食べるなどして、きちんと排便するのが良いです。また、自律神経の乱れは皮脂の分泌を促してしまうので、気分転換したり、十分な睡眠をとることをオススメします。

ニキビ跡を消すためには、ドラッグストアで売られている市販の薬や医療クリニックで処方された飲み薬で対応します。